大会の要項が決定しました。
なお、出場申し込み書は白蓮会館九州本部オフィシャルウェブサイトからダウンロードできます。

白蓮会館主催
ファイティングオープントーナメント全九州空手道選手権・新人戦大会


大会実施要項

■日時
2010年5月30日(日)
9:00受付開始 10:00開会式 10:30試合開始

■会場
アクシオン福岡 柔剣道場
(福岡市博多区東平尾公園2-1-3 TEL:092-623-4400)

■出場資格

A.選手権

下記????の条件のうち、いずれかを満たす者に限る。
?各道場会派において段位を認可された者
?流派内交流試合、および初級者を対象とした新人戦において、過去2年以内に決勝進出経験のある者
?出場者8名以上の各種オープントーナメントにおいて、過去2年以内に入賞経験のある者
?選抜を経なければ出場できない各種全日本選手権において、過去2年以内に予選を突破したことのある者


B.新人戦
過去2年以内に各種大会において入賞経験のない一級以下の男女(有段者は不可)

■出場階級・資格

選手権の部

1   小学校1年生の部
2   小学校2年生の部
3   小学校3年生の部
4   小学校4年生の部
4w  小学校4年生女子の部
5   小学校5年生の部
5w  小学校5年生女子の部
6   小学校6年生の部
6w  小学校6年生女子の部

7L  中学生軽量級(50kg未満)
7H  中学生重量級(50kg以上)

7W  中学生女子無差別

9L  壮年軽量級(満35歳以上70kg未満)
9H  壮年重量級(満35歳以上70kg以上)

10WL 一般女子軽量級(高校生以上55kg未満)
10WH 一般女子重量級(高校生以上55kg以上)

10L  一般軽量級(高校生以上70kg未満)
10H  一般重量級(高校生以上70kg以上)


・選手権の部は、九州地区を代表して全日本選手権に出場する選手を選抜することを主旨とするため、各道場会派が 

 認定する有段者、もしくは過去2年以内に開催された各種オープントーナメントにて入賞経験(ただし、流派内交流試合、および初心者を対象とした新人戦の場合は準優勝以上)のある者、または出場選抜戦を経なければならない全日本選手権に出場し、予選を突破したことのある者のみが出場することができる。

・壮年部の場合のみ、過去の大会実績に関わらず、各道場会派が認定する茶帯以上の選手であれば選手権に出場することができる。                          
・選手権において、幼年の部、および男女の体力・体格差の出にくい小学3年生以下の女子の部は設けない。

・全国的に女子のみで成立する8名以上のトーナメントが少ないため、女子選手が選手権に挑戦するための条件として、大会参加人数の多少にかかわらず過去2年以内の入賞実績は全て有効とする。


新人戦の部

0   幼年の部
1   小学校1年の部
2   小学校2年生の部
3   小学校3年生の部
4   小学校4年生の部
5   小学校5年生の部
6   小学校6年生の部

7L   中学生軽量級(50kg未満)
7H   中学生重量級(50kg以上)
7W   中学生女子無差別

9L   壮年軽量級(満35歳以上70kg未満)
9H   壮年重量級(満35歳以上70kg以上)

10WL 一般女子軽量級(高校生以上55kg未満)
10WH 一般女子重量級(高校生以上55kg以上)

10L 一般軽量級(高校生以上65kg未満)
10H 一般重量級(高校生以上65kg以上)

・新人戦の部は、経験の浅い選手に活躍の場を提供することを主旨とするため、過去2年以内に各種オープントーナメントにて入賞歴のある選手、および有段者は出場できない。主催者側で出場選手の過去の記録を調べることはしないので、各団体の良識に任せる。        

・新人戦において、小学生の女子の部は設けない。

・出場者が少数の場合、選手に事前連絡の上、別紙の通りリーグ戦形式への変更や階級統合もありうる。

・ご不明な点があれば主催者までお問い合わせください。

■服装

?各流会派の指定する清潔な空手道着を着用すること。
?女子選手のみTシャツを着用可。
?眼鏡の着用は不可。
?ピアス、毛染をしての出場は禁止。

■プロテクター
?パンチンググローブ(幼年・小学生・中学生は拳サポーター)
?サポーターレッグ
?膝サポーター(小学生は着用自由)
?ファールカップ(女性はアンダーガード)
?ヘッドガード


A.?中学生以下の拳サポーター、?・?・?は各自持参すること。
B.?一般新人のパンチンググローブ、および?は主催者が用意する。
C.女子のチェストガードとアンダーガードは任意とし,着用する選手は各自持参すること。
D.試合開始時に規定のプロテクターを未装着の場合は失格とする。
E.極端に薄いものは不可

■審査規約
?組手時間…本大会の組手時間は、高校生以上1試合2分、中学生以下は1試合1分30秒とする。
延長、再延長は1分。なお再延長戦は準決勝戦より行う。延長、再延長戦でも判定の優劣がつかない場合、体重判定を行い、軽い方を勝者とする。

?プロテクター…新人戦および年少・女子・壮年部は安全性を第一に考え、下記の通りプロテクター着用を義務づける。

小学生の部(選手権・新人戦とも)
ヘッドガード
拳サポーター
サポーターレッグ
ファールカップ
(膝サポーターおよび女子選手のチェストガード、アンダーガードの着用は任意)

壮年の部、一般女子の部
パンチンググローブ(選手権の部は素手)
膝サポーター
サポーターレッグ
ファールカップ
(ヘッドガードおよび女子選手のチェストガード、アンダーガードの着用は任意)

一般男子新人戦
パンチンググローブ
膝サポーター
サポーターレッグ
ファールカップ

一般男子選手権
 ファールカップ
(膝サポーター、サポーターレッグの着用は任意)

?有効技
A. 手による顔面、金的以外の攻撃はすべて有効。
B. 金的、膝による上段以外の足による攻撃はすべて有効。
C. 高校生以上の選手権各クラスにおける上段への膝蹴りは有効。

?反則技
A. 頭突き、手、肘による顔面攻撃
B. 金的、ダウンした相手を攻撃、背後からの攻撃
C. 新人の部、および選手権の中学生以下の各クラスにおける上段への膝蹴り
D. 相手をつかんだり投げたりすること(つかみ・引っかけも一切不可)

反則は悪質なものをのぞいて注意が与えられ、注意2で減点1、減点2で失格となる。


?勝敗
勝敗の判定基準は一本勝ち、技有りの有無(2つで合わせ一本勝ちとなる)優勢判定勝ち、体重判定勝ち、反則ないし失格により判定される。
尚、審判長の裁可によりドクターストップ、試合中止もあり得る。

■出場方法
所定の申込書(このページの上部からダウンロード可)に必要事項をすべて記入捺印し、参加費と一緒に道場単位で現金書留にて事務局へ郵送してください。

■参加費
選手権 6,000円
新人戦 4,000円 (参加賞、保険代込み・昼食はありません)

■申し込み締め切り
2010年5月2日(日)必着

■大会事務局
〒814-0104 福岡市城南区別府4丁目4-11 「白蓮会館九州本部」  TEL & FAX 092-852-1488

■その他
?出場選手は申込者本人とし、代理人は一切認めません。

?ゼッケンは当日、受付にて配布致します。

?過去の実績の大きい選手から優先的にシード権が与えられます。入賞歴はできるだけ詳しく記入してください。

?万一の場合に備え、各道場ごとにもスポーツ保険に加入しておいてください。

?トーナメントは、原則的にゼッケン番号の若い方から体格の小さい選手〜大きな選手の順に組まれます。

?身長、体重等の記入事項が実際と著しく相違する場合は、減点や失格となる場合があります。

?トーナメント出場者数が少数の場合、4名まではトーナメント形式、3名の場合は総当たりリーグ戦、2名以下の場合は他の階級に統合します。

?3名のリーグ戦において、3者とも1勝1敗だった場合は獲得旗数の合計、旗数で同数の場合は体重の軽い方から順位を付けます。

?2名以下で試合が組めない場合、申し込み締切日から一週間以内に主催者から所属道場代表者に連絡します。選手本人が他の階級との統合を承認しない場合、出場費は大会終了後に道場代表者に返還します。

?その他、主催者の都合によらない選手の不参加の場合には出場費は返還されません。

?白蓮会館主催の大会では、毛染め・ピアス等大会の趣旨にそぐわない身形をしていた場合、出場をお断りしますのでご注意下さい。

?テーピング・鼻腔拡張テープの使用は自由です。

?各トーナメントの上位4名を表彰します。なお、全階級とも3位決定戦は行いません。また、8名以下のクラスは準優勝までの表彰となります。

?大会当日会場にて撮影された出場選手の写真および入賞者の氏名が、白蓮会館発行の機関誌、ウェブサイト等に掲載される載される場合があります。あらかじめご了承ください。


唐津子供空手道場『白蓮会館』